--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
04.15

日本の事、イタリアの私。

Category: Diario
悲劇から1ヶ月とちょっと。
余震や、原発のことで落ち着くにはまだまだ時間がかかりそう。
スマトラ地震の余震は5年後に来たとか。
日本が一日も早く、揺れを止めてくれることを切に願いながら。

この1ヶ月で私の周りもちょっとずつ変化してる。
彼の実家、友達の実家が被災していたり、
過去に訪れた町が原形をとどめない写真を見たり、
なんだかちょっと心が揺れる。

直接震災からの被害は受けていないけど、
遠くに居て、
自分が何をしたらいいのか、
すぐに決まった。

自分が音楽家である事を初めて声を大にして、
活動出来ることにも感謝。

そして、2つのチャリティーコンサートを企画して、
3月31日ミラノ、4月10日サンタンジェロ・ロディジャーノと
演奏会を開いてきました。


せっかくだから、勉強してるオペラの曲を、なんて
はじめは考えてたのですが、せっかくだから日本歌曲歌おうか、
なんて、メンバーと話し合って、
「翼をください」とか「花」とか。

稽古の段階から「翼」で号泣だったけど。(苦笑

演奏会は二つとも大盛況。
特に、ミラノのコンサートでは、観客も涙、演奏者も(特に私か?)涙の
心あたたまるコンサートになり、収益も2000ユーロを超えました。

声のハーモニーがすごいんですよ。
日本の曲ってこんなに良かったっけ?なんて、
歌いながら思ったり。
そして、その日本語の曲に涙して、
あぁ、私、日本人なんだなぁ、って再認識。

日本を愛してます。

その日本が、新しく生まれ変わるように、
新しい平和に、幸せが満ちてくるように。

まだまだ歌います、チャリティーコンサート。
1706538493_13.jpg
1706538493_156.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://macia.blog20.fc2.com/tb.php/306-71b52ba8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。